(新)ミギワン絵日記

漫画家・イラストレーターのミギワン公式ブログです。4コマ漫画や、イラスト絵日記を公開しています。イベント出店情報あり。お仕事のご相談はカテゴリー内の「お仕事のご相談」にて受け付けております。

春の靴下4枚重ね

長野の冬は長い。 思い出したかのような冷気。ある朝、夫を送り出した直後、体調が悪くなった。 数日前から、パジャマの下の肌着をやめていた。日中は、ダウンコートではなく、買ったばかりのトレンチコートを着ていた。「春っぽさ」に浮かれていた。

期間限定の天才芸術家

10代の頃からPMS(月経前症候群)に悩まされている。関連本・ウェブサイトはもう数えられないくらい読んだ。今は漢方薬を試している。 良いことが一つだけある。 時間と気持ちに追い詰められ、思わぬ力が湧く…ことがある。不可抗力なのだ。体調が悪い中、ペ…

母のスマホ、驚きの使用頻度No.1アプリ

昨年秋、2週間ほど里帰りをした。 実家に戻った時は必ず、母が持つスマホやパソコンのメンテナンスをする。恐ろしい数の未読メールを削除。アプリのアップデート。不要なファイル洗い出し。難しいことはあまりないのだが意外と時間がかかる。

手放す爽快感がたまらない、メルカリ徒然2019

メルカリ(ネット上のフリーマーケットサービス)がすっかり生活の一部になった。長く続いているマイブームだ。出品・購入の両方でお世話になっている。2017年3月から現在までの売り上げ総額は131,097円(送料・メルカリ側への手数料(=売り上げの10%)を除…

一億人総自己主張社会「兎にも角にも我が話を聞け」

「妻(女性)の話が長く感じるのはなぜか」 参加者の男性から質問があった。 「それはあなたが聴き手に徹していないから。聴いているフリをして、頭の中では自分が主役だから」 これにまた心の中で大きく頷いた。

【作品紹介】妖怪イラスト@鳥取県の情報誌「とっとりNOW」

今日はサラリとお仕事紹介。 鳥取県総合情報誌『とっとりNOW』 連載「花咲くYokai談」イラスト担当 私の故郷、鳥取県。

2019春のマウンテンパーカーが悩ましい

明日から3月。暇さえあればお気に入りの通販サイトを巡回。いよいよ春物が出揃った雰囲気。春の洋服は苦手なものが多いけど、見るには一番好きな季節かもな。

2019年1月私の確定申告・IDとパスワードで初e-Taxに悶絶の巻

昨日の記事投稿後、結局2回も税務署へ行ってしまった。 「おうちで簡単♪e-Taxで確定申告」のために。 1度目は、IDとパスワード取得のため。 2度目は、追加書類提出のため。 人生は矛盾だらけ。以下、来年自分への覚書。

2018年度もこれで終わる、あとは申告のみ

準備は出来ている。領収証の整理は好きではないが苦手でもない。10年間団体事務で鍛えた技量が活きている。あとはバッグに書類を詰めて、靴を履いて、春の風吹く街へ飛び出せばいいだけだ。

【映画レビュー】稲垣吾郎主演「半世界」で蜜柑にくぎづけ

「わざわざ映画館で見なくても」という葛藤少々。同じSMAPなら、木村拓哉主演「マスカレード・ホテル」の方がスクリーン映えするんじゃないか、と一瞬でも考えていた自分にバカヤロー。 わざわざ映画館に行く意味のある「大好物映画」だった。

2019春3月前半のワードローブは地味でも使いやすさ重視!

長野の春は遅い。初めてこの地に足を踏み入れたのは4月下旬。役場に住民票の手続きに行く道の上には満開の桜。ここは日本だが、気候は北海道並。県外の友人に会う度、そう伝えている。

スマートフォン・モバイル実務検定に合格しました

先月受験。そろそろ結果が来る頃だな〜と思っていたら昨日結果が届いた。ヨシ! 合格率が高い試験だというから、不合格だったらちょっと恥ずかしい。小心者は誰に宣言するわけでもなく、ヒッソリとこれを受験したのであった。

白いスカートへの憧れと失敗

春のアイテムといえば、白いスカート。 春風にふんわりと揺れる、膝下丈の女子力しかないアレだ。 今年はロングプリーツが流行の様子。よく見る通販サイトに新商品がズラリ。

新しい地図の3人とNAKAMAに会いに行ってきた

私を含め約8000人のファンが、キラキラした瞳で会場ステージに向かって拍手、サイリウムを振っていた。 「NAKAMA to MITTING_vol.1」と題された、ファン向けのミニコンサート。 今月を皮切りに、全国で22公演の開催。延べ10万人以上を動員するビッグイベント…

試着室で我が夫の性質に関心する

久しぶりのGU。春物チェックの日曜昼下がり。昔から試着が面倒で仕方がなかった。試着せずに購入し、自宅で後悔。この繰り返しで生きてきた。それが、数年前から変わった。夫が試着に根気よく付き合ってくれるからだ。「気になるものは全部着てみたら」と。…

デジタル環境で絵を描く道具を揃える前に。

「で、一体わたしは何を買えばいいの⁉︎」 と、目の前で混乱する女性。原因はわたしである。

似顔絵でどこまで「自分フィルタ」をかけるか

数年前にお描きした似顔絵に再会し、驚くことはよくある。上手い、下手ではない。描いた当時の自分の心持ちが、今とは全く違っているからだ。何に重きを置いて描いているのかが全然違う。「絵はその人の鏡」。オーダーをいただき、ご希望を伺った上でかき始…

冬の着たきりすずめ、オシャレ欲の減退

週末、楽しみにしていたお出かけがある。さて何を着て行こうか、クローゼットの中を見回す。しかしアイテムが足りない。脳内にあるイメージに近づけない。そりゃそうだ、よく考えたらこの冬買い物などほとんどしていない。そして、実は頼りのイメージすら貧…

バンコクの人々【2】ワーママEさんとタイ人のマスク

バンコクの人々シリーズ、第2弾。 Eさん。いつもお忙しそうなのに、お会いするといつもゆったりとした受け答えで、こちらを安心させてくださる不思議な魅力の女性である。

紺地獄

春夏秋冬、紺である。 30歳を過ぎた頃から、その傾向がますます強くなった。 カラー診断、着痩せ、コーディネート…あらゆる方向から考えて紺に落ち着く。

こうして今日もブログを書く

日々悩む、各種SNS更新。 だけど我らフリーランスにとって、SNSは数少ない「稼ぐための武器」であり「味方」である。ここをおろそかにするわけにはならぬ。

海外旅行にPC持参なし、ipadproだけで何とかするサバイバーな絵描き

「できたーーー!!!」と、心の中で叫んだ。 平日昼下がり。バンコク一等地にある、デパート。地下のコーヒーチェーン店のテーブルで一人画面と格闘した。3時間。その画面はパソコンではなくipad。

バンコク在住のご家族にウェディング似顔絵納品

朝から霞がかった空を眺めたり、「あれ?ちょっと喉痛い??」と感じたバンコク。恒例のバンコク・ステイ。今回は半月ほど。 そして、オーダーいただいた似顔絵も無事納品。サンプル用の写真を撮るのを忘れてしまった。

海外駐妻がうっかりブログを始めるとだいたいこうなる

なにをかくそう、かつてのワタシ。 ちゃんと描いてたじゃない、とも言われそうだが独身時代に比べ明らかに更新ペースが落ちていました。平均すると5分の1以下になったのではないか。 昨年から、少しづつ過去作をインスタグラムにアップしています。しかし、…

バンコクの人々①A子

【バンコクの人々】というシリーズを作りました。 こちらのブログ、インスタにて公開していきます。 第1回はA子さん。美味しいお水を手に入れるためなんと4つの工程を毎日繰り返している強弱です。A子さんの美しさの秘密は水にあり…なのか。

変わらないことが嬉しい

湯シャン生活再び

日本⇄海外 移動する時の服装一式

ずっと描いてみたかったネタ。移動中の洋服選び。 特に、寒い日本から、あったかい国へ行く時。荷物はできるだけ増やしたくないけど、移動中や旅先でしまった〜と後悔もしたくない。自分が知りたくて、色々検索するのだけど意外とこれが少ない。人によって大…

スマホ相談にいらっしゃいませ

趣味のようなもの。 昨年から時々〈スマホ相談コーナー〉なるものを行なっている。 近所のイベントマルシェ内で、ほんの小さなワンコーナーだ。 いつもどおり似顔絵屋さんとして出店せず、あえてこれをやるのだが結構楽しい。

考えている時間がもったいない

お店のお姉さんも話すことがなくなるくらい悩む。気まずい沈黙。