(新)ミギワン絵日記

漫画家・イラストレーターのミギワン公式ブログです。4コマ漫画や、イラスト絵日記を公開しています。イベント出店情報あり。お仕事のご相談はカテゴリー内の「お仕事のご相談」にて受け付けております。

2019春3月前半のワードローブは地味でも使いやすさ重視!

f:id:migiwaaan:20190222211505j:plain 長野の春は遅い。初めてこの地に足を踏み入れたのは4月下旬。役場に住民票の手続きに行く道の上には満開の桜。ここは日本だが、気候は北海道並。県外の友人に会う度、そう伝えている。


3月前半のワードローブを考えた。もちろん手持ち服から。 今は2月下旬。ショーウィンドウだけは、全国平均に合わせて衣替え。うっかり、その春めいた雰囲気に飲まれて春物を揃えると「着るものがない!」という事態に陥る。しっかり防寒しつつ、どこか真冬ではない「明るさ」を取り込みたい。 f:id:migiwaaan:20190222211537j:plain ざっと観ると、どう組み合わせても代わり映えない。どこぞのファッション誌の着まわし特集から見ると、かなり地味である。でもこれでいい。1週間の半分以上は自宅にこもっている。必要最小限のものをバッグにつめて自転車にまたがり、近所へ出かけるのに困らないスタイル。30代最後の春。少し落ち着き過ぎだろうか。

春らしい爽やかさをまといたい気分との葛藤。元来、アク強め・コントラスト強めの組み合わせが得意だ。「春らしさ」と「強めコントラスト」の両立。私には難しい。唯一の救いは「白」。唯一、違和感なくまとえる春色。濁りのない、漂白したような「真っ白」が好きだ。 白いスニーカー、白いカットソーは救世主。



気になること。
・色味が少ない(圧倒的ブルー。青の亡者。)
・スニーカーばかり。しかも同じやつ。

例えばイエローのストールを取り入れるのはどうだろう… イエローなら、ペタンコのパンプスもかわいいかもしれない… 白っぽいコットンのバッグがあるといいな。 そうだ、ワンピースが着たい気分だった。3月後半こそ…。

描いてみたら落ち着くどころか、想像と願望はふくらむばかり。